F@IT Kids Club

F@IT Kids Club<ファイトキッズクラブ>

\ミライ輝く子どもの学び場/

”楽しく””分かりやすい”富士通グループ発の
「子ども向けプログラミングスクール」です。

いよいよファイトキッズクラブ富山校では、2018年秋コースより
ロボット(教育版レゴ マインドストーム EV3)プログラミング教室スタート。
ものづくりの考え方を学び・楽しみたいお子さまにぴったりのコースです。

次世代のIT社会で活躍する人材育成を目的に、2020年から小学校でのプログラミング教育が日本ではじまります。実は、あるアンケートでは、子どもにさせたい習い事の第2位に「プログラミング」がランクイン※するほどです。
これからプログラミングは、文章の読み書きや計算と同じように、子どものうちに身に付けるべき基礎学習の一つ。ぜひ、幼いうちからのプログラミング学習をご検討ください。
※「子どもの習い事・必要なスキルに関するアンケート」より イー・ラーニング研究所調べ


「IT×教育」のプロが作った
子ども向けプログラミング教室です。

ファイトキッズクラブ
富士通グループ発の子ども向けプログラミングスクール<ファイトキッズクラブ>

富士通グループ発の子ども向けプログラミングスクール

初めてプログラミングを学ぶ子どもたちにも、楽しみながら学んでほしい。そんな願いから、富士通オープンカレッジ富山校”F@IT Kids Club”<ファイトキッズクラブ>では、自分から興味を持って学びたくなるコースをご用意。

しかも、講師は、シニア向けパソコンスクールでの経験を活かし、小学生にもわかりやすく丁寧な指導が評判の富士通認定講師。プログラミングが初めてのお子さまでも、楽しく、わかりやすくレクチャーします。


プログラミングは学ぶ心を育てます。

プログラミングは「ゴール」の設定も、その「順序」も、ミスした場合の「対処」も自分で考えながら行います。だから、プログラミングを学ぶことで、論理的思考力や問題解決能力が自然と身に付くのです。


興味に合わせて選べるコースで、子どもの学ぶ心をサポート!!

ファイトキッズクラブコース一覧
ファイトキッズクラブコース一覧

2018年9月より、モノづくりを楽しむための「ロボットプログラミング ビギナーコース」がスタートします。お子様だけのロボットを手に入れて、ロボットプログラミングを学びませんか?

2018年4月より、低学年(対象1年~3年)に合わせた新コース「エレメンタリーコース」を新設!初めてパソコンに触れるお子さまでも、楽しく学べるコースになります。

F@IT Kids Clubはプログラミングだけでなく、考える力、伝える力を育てます。 また、プログラミングを体験した約88%のご家庭が、スクールに興味があると答えています。

プログラミングの基礎を学ぶのは「スクラッチ」。命令アイコンを組み合わせ、キャラクターの動きを簡単に設定できるので、タイピングに慣れていなくても大丈夫。
富士通オープンカレッジ富山校”F@IT Kids Club”ではプログラミングの基礎を学ぶビギナーコースをご用意。
ビギナーコース修了後は、基礎を使ってオリジナル作品を開発するエキスパートコースをご用意。
学年や経験に応じて、コースをお選びいただけます。


オリジナル教材で、学びをもっと楽しく。


ロボットプログラミングで使うロボットは「教育版レゴ マインドストーム EV3」ロボットカーを組み立ててさらにそれを自らプログラミング。
試行錯誤しながら、様々な走り方や障害物の攻略を目指す中で、モノづくりを楽しみながら学習します。

 

デジット
ぼくはデジット よろしくね!

プログラミングが楽しくなれば、子どもたちも自ら学びたくなります。私たちの授業は、実際に子どもたちが”みる” ”ふれる”など教育のプロがこだわったオリジナルの教材で、プログラミングやモノづくりなど体験しながら学んでいただけます。


スクラッチプログラミングコースのご案内


スクラッチ受講料ご案内

実際にビギナーコース前編で使用するテキスト一式
お月謝制 :6,500円/月(税別)(コース問わず)
テキスト代:7,500円(税別)
    (オールカラー、ビギナーコース前編/後編それぞれ一式)
           7,800円(税別) 
       (オールカラー、エレメンタリーコース前編/後編それぞれ一式)
           7,200円(税別)
    (オールカラー、エキスパートコース前編/後編それぞれ一式)
※テキストはコース開始時(前編or後編)の一括購入になります。

スクラッチコースご案内

F@IT Kids Club<ファイトキッズクラブ>は月2回(およそ隔週)または月4回のクラス制。
2回の場合は90分/回、4回の場合は、45分/回となります。
受講料はお月謝で頂きます。
クラスはシニアコースで定評の少人数制。1クラス6名まで。
保護者の方は、送り迎えの時間が難しい場合、教室での待合が可能です。

スクラッチ エレメンタリーコース

  • 45分/回 前編・後編合わせて全48回(全36時間)
  • パソコンの操作、プログラミングの基礎を学ぶコース
  • 初めてパソコンに触れるお子さま向け
  • 対象の目安 小学校1~3年生
    • パソコンから取り組み、プログラミングも分かりやすく学べます!
      パソコンを初めて扱うお子さまでも大丈夫!
      マウス操作が中心のコース。テキストは視覚的に分かるように作成され、動画も活用しているため、漢字やアルファベットを完全に理解していなくても大丈夫です。
  • 取り組む問題はクラス全員で楽しく学びます。
    • パソコンの扱いに慣れていきながら、プログラミングの基礎をわかりやすく学びます。集中力の途切れやすい低学年でも、楽しく学べる仕掛けをご用意しています。

スクラッチ ビギナーコース

  • 45分/回 前編・後編合わせて全48回(全36時間)
  • プログラミングの基礎を学ぶコース
  • 初めてプログラミングを学ぶお子さま/エレメンタリーコースを修了したお子様向け
  • 対象の目安 小学校2~6年生
    • プログラミング初心者におすすめ!
      マウス操作が中心なので、タイピングに慣れていなくても大丈夫です。テキストは視覚的に分かるように作成され、動画も活用しているため、漢字やアルファベットを完全に理解していなくても大丈夫です。
  • 取り組む問題はドリル方式。達成感を味わいながら学べます。
    • プログラミングの基礎構造を一つ一つ丁寧に学ぶ基本問題、学んだことを自ら行ってみるチャレンジ問題に取り組むことで、スキルの定着とレベルアップが確実に図れます。
    • プログラミングには角度や四則演算がつきもの。算数の基礎を学ぶきっかけになります。

スクラッチ エキスパートコース

  • 90分/回 全24回(全36時間)
  • 創造的にプログラミングを行うコース
  • その先の知識を学びたいお子さま向け
  • 対象の目安 小学校3~6年生
    • Scratch(スクラッチ)を既にやったことがあるお子様におすすめ!
      イラストを描いたり、録音したり、ゲームを作ったりするので、「自ら表現したい」というお子様にもおすすめです。
  • プログラミングの基礎を用いて、自ら考える力、伝える力が身につきます!
    • 大きなテーマに対し、自ら考え(企画・設計)、オリジナル作品を開発していきます。そのオリジナル作品の内容を周囲に伝えるところまで行ないます。

ロボットプログラミングコースのご案内


ロボットプログラミングコース受講料ご案内


学習に使うロボットは、【教育版レゴ マインドストーム EV3(基本セット)】
様々なパーツを組み立てるレゴの楽しさはそのまま、たくさんのセンサーやモーターを使って、世の中の動く仕組みを学べます。

お月謝制 :8,000円/月(税別)
テキスト代:7,500円(税別)
    (オールカラー、ビギナーコース前編/後編それぞれ一式)
           7,800円(税別) 
※テキストはコース開始時(前編or後編)の一括購入になります。
ロボット一式:56,840円(税別)
       EV3基本セット:53,040円(税別)
       DC-ACアダプタ: 3,800円(税別)
※ロボット一式はコース開始時購入になります。
※別途送料がかかります[~1,200円(税別)]

ロボットプログラミングコースご案内

ロボットプログラミング ビギナーコース

  • 90分/回 全24回(全36時間)
  • ものづくりを楽しみたいお子さま向けコース
  • その先の知識を学びたいお子さま向け
  • 対象の目安 小学校3~6年生
    • 教育版レゴ マインドストームEV3を使用して、プログラミングを学びます。ロボットカーを組み立て、さらにそれを自らプログラミングし、動かします。試行錯誤しながら、様々な走り方や障害物の攻略を目指す中で、モノづくりを楽しみながら学習できます。
  • 全国の高等専門学校でも学習に使われているEV3を用いることで、標準的なロボット制御プログラミングを学習できます。

開催中コースの様子をご覧ください

F@IT Kids Clubでは2017年9月から、スクラッチビギナーコースを開催中です。
体験会は無理だけど、授業を見てみたい方は、見学も可能ですよ!
お問い合わせはこちらから。
2018年2月に半分の学習の成果として、プログラム発表会を行いました。

自分のプログラムを発表!
自分のプログラムを発表!
自分のプログラムを発表2
自分のプログラムを発表2